各種ベッドタイプの特徴

トップページ > ベッドの役割や特徴

睡眠に大きく関わってくるベッド

1日の疲れた体を癒してくれる空間ベッドルーム。

そんなベッドルームの主役と言えば、もちろんベッドです。人は人生の約三分の一を睡眠に費やすそうです。そんな大事な時間を使うベッドは、やはりこだわって選んでみたい家具の中でも上位にくるモノではないでしょうか。

どうせ寝ている間は記憶もないし、別にベッドなんて横になるスペースがあれば良いよ。という人も中にはいるのかもしれませんが、快適な睡眠は、次の日の自分自身の行動にも跳ね返ってきますし、毎日横になる場所です。どうせならこだわった家具で今日も眠りたいと思うベッドを選んでみませんか?

私は、自分の生活環境に影響ししてくるからこそ、快適な睡眠の為にもしっかりとした寝具は大事だとおもいます。
ではそんなベッドの種類や大きさなどを見ていきましょう。

ベッドのタイプ

ベッドは眠るためのモノですが、それ以外にもいろんな機能が付いたタイプがあります。いったいどのようなタイプがあるのでしょうか。

ベッドと言うのは、非常にスペースを取ってしまう家具でもあります。そんな一つでも大きなスペースを取るベッドを2つ置かなければならない場合に、スペースを有効活用できるのが、二段ベッドです。これは文字通りベッドが2つ重なっていて、上段と下段に人が眠る事ができます。子供部屋などに置けば、ペンションのロフトのような気分にもなって楽しいかもしれません。

しかし二段ベッドを選ぶ際に気を付けておきたい事もあります。人が乗っても壊れないタイプのものを選ぶと言うことです。初めから人が寝ることを考えて作られているとは思いますが、もしもの事がないようにしっかりと確認しておくことをオススメします。

その二段ベッドの下段部分が収納スペースや勉強机、等を置くことができるようになった、タイプもあります。これらのタイプもスペースを有効に使えるので便利です。また三段ベッドというタイプもあってお子さんが沢山いる方などには非常に心強い見方になってくれるでしょう。

ベッドは二段、三段にするだけではありません。一見普通のベッドに見えるようですが、ベッドの下の部分に収納がついていてタンスや押入のように使えるタイプもあります。このタイプも二段ベッド同様にスペースを有効に使う事ができるでしょう。

また眠る時以外にはベッドを折りたたんで部屋の隅に置いておく事ができる、折りたたみベッドもあります。

こうしてベッドの色々なタイプを見てみると、ベッドを置いてしまうと狭くなりがちな部屋のスペースをいかにして有効に活用するかを考えた作りになっている種類が覆いような気がします。やはり1日の中でも6〜8時間、長い時間いる場所なので広く快適なスペースを取りたいと思う反面、それ以外の時間にも有効にスペースを使いたいと言う工夫がベッドに出ているのでしょう。こういったベッドのタイプを知っておけば、複数の種類の中から臨機応変にベッド選びができるのではないでしょうか。

ベッドの種類

ベッドには使用する人数によって種類が色々とあります。そんなベッドの種類を見てみましょう。

まず一般的なベッドの種類としては、1人で眠る種類のシングルベッド、シングルベッドよりも少し広くなった種類のセミダブルベッド、大人2人で寝ることのできる種類のダブルベッド、そして大人2人と子供までOKな種類のクイーンサイズベッド、そしてこの種類のベッド見たこともないです。キングサイズのベッドです。

ベッドを使う人数に合わせて選ぶと良いでしょう。あとは、寝返りを多く打つ人は大き目の種類のベッドを選べば間違いがなく、快適な睡眠を得ることが出来るのでは無いでしょうか。

ページトップへ