まずは巣の発見!根こそぎ駆除でホッと一安心|ハクビシン対策をして未然に被害を防ごう

家

撃退グッズを使う

内観

ハクビシンは日本全国に生息しています。また、体長は大きいもので1メートル程でネコのようなしなやかな動きをします。また、ハクビシン対策をするには害獣駆除を目的としたグッズを使うことです。

詳しくはこちら

野生動物の被害

ハクビシン

害獣による被害は近年増加しています。その中でもハクビシンによって住宅内の屋根裏や床下、物置における被害が多発しているのです。断熱材を食いちぎって住処にしたり糞尿を撒き散らしたりすることで人間が生活する環境に様々な影響を及ぼしてしまいます。そのままにしておくと、ノミやダニが繁殖してしまいアレルゲンとして住宅内に居続けてしまうので、早急に駆除することが大切です。また、事前にハクビシンが住宅に侵入してしまわないように対策をすることも効果的です。屋根裏や床下の侵入経路に、ストロボ発光や音で威嚇する機械を設置したり、電線による仕掛けを屋根に設置したりするなどのハクビシン対策も有効的な手段といえます。こういった機械は、通販サイトなどで手軽に購入して、自分で設置することができます。しかし、本格的なハクビシン対策を行うなら、やはり専門業者に依頼をするのが1番良いでしょう。また、ハクビシン対策を行なっている業者は数多く存在します。そこで、依頼をする時には信頼と実績があるところを選びましょう。さらに、害獣駆除に特化しているかどうかもチェックポイントです。害獣駆除に特化している業者なら、生態系や行動パターンを熟知しているために対策や駆除のプロフェッショナルといえますので安心して依頼をすることができるでしょう。また、ハクビシン対策を行う時には電話一本で駆けつけてくれる業者が望ましいです。中でも24時間365日対応している業者もありますので、依頼の際にはこういったところが良いです。ハクビシン対策をしっかりと行なって、快適な生活を送りましょう。

住宅内においての被害

男性作業者

ハクビシンは住宅内において様々な被害を出します。屋根裏の断熱材を食いちぎったり、糞尿を撒き散らしたりします。そこでハクビシン対策として有効的な手段としては、害獣駆除を専用としている業者に相談をすることです。

詳しくはこちら

様々な健康被害

インテリア

ハクビシンによる被害は住宅だけではありません。ノミやダニ、病原菌などが身体に付着しているので、住宅に侵入すると繁殖してしまいます。そのため、専門業者にハクビシン対策を依頼することが大切です。

詳しくはこちら