まずは巣の発見!根こそぎ駆除でホッと一安心|ハクビシン対策をして未然に被害を防ごう

作業担当者

様々な健康被害

インテリア

ハクビシンは、住宅内において様々な被害をもたらしてしまいます。屋根裏や床下での糞尿による悪臭やシミ。また、それだけにとどまらずに人間の身体にも様々な悪影響を及ぼしてしまいます。ハクビシンは野生動物なので、様々な病原菌をもっています。住宅内に侵入して住み着くことによって、身体に付いている病原菌が住宅内の様々な箇所に付着して繁殖してしまいます。また、ハクビシンにはノミやダニが付着しています。そのため、ハクビシンを住宅内に侵入させてしまうとノミやダニも同時に取り込んでしまうのです。ノミやダニは人間の身体に付着すると、蚊に刺されたような跡を残します。しかし、蚊に刺された跡のようにすぐには回復せずに、1週間ほど痛みや痒みが続いてしまうのです。また、ノミやダニは柔らかい肌を好むので、女性や子供、二の腕や腹部といった箇所を刺します。そして、ノミやダニの死骸や糞は、アレルゲンの1つです。住宅内にアトピー性皮膚炎や喘息の人がいるなら、注意が必要になります。小さな子供もノミやダニの影響を受けやすいです。こういった、被害を出さないためにもハクビシン対策をする必要があります。ハクビシン対策をするときには、専門業者に相談をしましょう。ハクビシン対策を専門としている業者は数多くあります。そのため、比較をして信頼できる業者に作業を依頼することが大切です。中でも実績があるところに依頼をすれば、確実で安心のハクビシン対策を行なってくれることでしょう。