まずは巣の発見!根こそぎ駆除でホッと一安心|ハクビシン対策をして未然に被害を防ごう

作業担当者

住宅内においての被害

男性作業者

ハクビシンは住宅内において様々な被害を出します。また、ハクビシンは木登りが得意なために住宅の屋根裏に張り込んでしまいます。屋根裏だけに限らすに、頭が入るスペースさえあれば、床下や物置といったところに侵入します。そこで、断熱材を食いちぎって巣にするのです。断熱材の中にはフカフカなクッション素材を採用していますので、ハクビシンにとってベッドにするには格好のアイテムなのです。また、屋根裏で走り回って騒音を出します。夜でも活動しますので寝ている時に大きな音を発生させます。さらに、ハクビシンは屋根裏や床下で糞や尿をします。それによって悪臭を出したりシミがついたりします。糞や尿によって発生する臭いによって人間の身体に健康被害を及ぼしてしまいます。それだけにとどまらず、天井や床の材が糞や尿の重みや腐食によって、抜け落ちてしまう可能性があるのです。そんな被害を少しでも抑えるために、ハクビシン対策を行う必要があります。ハクビシン対策として有効的な手段としては、専門業者に相談をすることです。害獣駆除を専門としている業者なら、ハクビシン対策として専用の薬剤を持っているのです。そのため、屋根裏や床下に現れる可能性があるハクビシンに対して対策を行うことが可能です。またハクビシン対策を行なっている業者に依頼をする時には、提示している料金が低価格なところを選ぶと良いでしょう。明瞭会計ができる業者なら気軽にハクビシン対策の相談をすることができるといえます。