まずは巣の発見!根こそぎ駆除でホッと一安心|ハクビシン対策をして未然に被害を防ごう

作業担当者

撃退グッズを使う

内観

ハクビシンは、漢字で書くと「白鼻芯」となります。その名の通り、額から鼻にかけて白い線が入っているので、見るとすぐにハクビシンだと分かります。また、ハクビシンの体長は個体によっても異なりますが50~70センチメートルほどです。大きいもので1メートルほどになります。これは成獣に多く見られる体長です。そしてハクビシンはネコ目ジャコウネコ科の一種で、ネコのようなしなやかな動きをします。体毛は灰褐色や黄褐色になっていて手足や頭は黒いことからタヌキに見間違われることもあります。そんなハクビシンの足指の本数は前後共に5本です。そのため、足指が4本のタヌキとは見分けがつきやすいです。またハクビシンは明治時代以降に、毛皮用として外国から持ち込まれたという説があります。そこで、野生動物として繁殖をして現在のハクビシンの姿になったとされています。さらにハクビシンは現在、日本全国で生息しています。もともとは里山だけに生息していたのですが、山の開発事業によって住処を追いやられてしまったハクビシンは首都圏の住宅街に姿を表わすようになりました。そこで、住宅内において様々な被害を出すのです。そんなハクビシン対策をするには、自分で行うことが可能です。住宅内の侵入経路に様々な仕掛けをすることでハクビシン対策をすることができます。実際にハクビシン対策をしたいと考えている人は多くいることでしょう。そこで、おすすめしたいのが害獣対策を目的としている販売サイト売られている、ハクビシン対策グッズです。